なら歩    ~ ならを歩こう ~

 

      ここでは、奈良のおすすめスポットetc...

            奈良に関する様々な情報をピックアップしたいと思います。

    

          これは私の率直な意見なのですが、奈良の人ってけっこう消極的だし、

           団結力がないというか、単体活動が多いのです。 

           だけど、実はとても素敵な仕事をされている方や企業さんも多いし、

           もちろん、観光スポットもたくさんあるんです。

           それに、何よりしぜんに恵まれています。

           ただ、そのコトがあまり世間に浸透していないというか・・・

           とにかくそれがもったいないなぁって思うのです。

 

            そこで、私はそんな奈良のお手伝いができればと、この「なら歩」を作りました。

          ちなみに「なら歩」というタイトルにしたのは、ここに載せる情報を元に皆様に

          奈良の町を歩いてもらえればと思ったからです。

          皆様に奈良のファンになって奈良に足を運んで頂けるように

          頑張って紹介していこうと思います。

    

  

2012.6.6

 

     今日は、奈良県の特産について少しお話をしたいと思います。

   奈良県の特産と言えば、奈良漬けぐらい??と思っている方も

   多いようですが、奈良県には実はまだまだ良いものがあります。

   その1つが吉野の葛です。

     葛の根には、血行を良くし、体を温める作用があるとのことで、

   古くから生薬の原料として使用されているもの。 

     かぜ薬の葛根湯もその字の如く、この葛の根が使われています。

       そんな葛の根を精製した葛粉は、日本料理や和菓子などには欠かせない食品です。

     しかし、高級品というイメージがある上に、家庭で料理に使ったりすることもあまりないので、

     どこか縁遠い食品となっています。

       そんな中、最近奈良県では葛を使った商品を多数作っているお店があるのをご存じでしょうか。

     葛のイメージと言えば、私は葛湯や葛きりぐらいしか思い浮かばなかったのですが、

     それがアイスクリームやロールケーキなどの洋菓子に変身していることに驚き、

     若い世代の人にも合う葛を使った新しい料理を味わうことができることに驚き、

     お手軽価格で葛菓子や葛商品を購入できることに驚き、

     まさにちょっとした葛の革命が起こっているようです。

 

     皆さんも、奈良に来て今いちどそんな葛の魅力を味わってみてください。

   

  

   

  

     2012.2.22

 

     久しぶりの「なら歩」更新です。

     皆様に奈良のいいところをたくさんお伝えしたくて、

     このコーナーを作ったのに、

     なかなかそれが実行できなくて

     申し訳ありません。

 

 

           今回ご紹介するのは南法華寺(壺阪寺)です。

           ここは、私のお寺巡りを始めるきっかけとなったお寺でもあります。

           眼病平癒で有名で、また西国三十三ヵ所めぐりに指定されているお寺でもあるので、

           たくさんの人が訪れているようです。

 

           奈良県は「宿泊してまで観光する場所がない」というイメージがあるようなのですが、

           それはきっといい場所がいろんな所に散っていて、

           観光しづらいという意味もあるのだと私は思います。

           現に、この南法華寺も駅から遠く、また山の上にあるために、

           ここにだけ行きたいと思って行くほかはなにも無い場所にあります。

 

           しかし、裏を返せばそこが奈良県の魅力。

           何日かかけて奈良県に滞在し、点在しているお寺を巡るのも

           他の観光地にはない楽しみ方の1つではないでしょうか。

 

 

 

 

          2010-4-4

 

                奈良県の吉野といえば、やっぱり「」という印象が

             強いのでは ないでしょうか。

                今年もそんなが見頃を迎えています。

             今年は暖冬の影響もあってか例年よりはやく

                咲き始め、 はやくもお花見で吉野は賑わっています。

             奥の方だとこれからが見頃なので、ぜひ吉野に来てください。

 

 

       -吉野の桜に関する話-

   

               現在、吉野の桜はとても深刻な状態にあります。

               桜がナラタケモドキ等のキノコの菌に侵され、 立ち枯れが進行しているということです。

               一見そんな風には見えませんが、

               下千本の桜の木は、すでにおよそ9割が菌に侵されているそうです。 

               なぜそのようなことが起きているのか。

               調査の結果、過密な植栽や他の樹種による被圧などが原因で、

              弱っているヤマザクラにナラタケモドキの菌が寄生、

               つまり私たちの手がそうした結果を招いていることが判明したそうです。

               もちろん、原因はそれだけではないのかもしれませんが、

              原因の1つとしてそのようなことが判明したからには、

              私たちの手で、桜を元に戻す責任があるのではないでしょうか。

               また、責任だけでなく、これまで先人たちが遺してきてくれた風景を

             今私たちがお花見で楽しむだけでなく、

              同じ風景をこれから生まれてくる子どもたちにも見せてあげれるよう、

               受け継いでいくことも大切なことではないかと私は思うのです。

               ほんの些細なことかもしれませんが、私は当サイトでの売上げ金の一部を

               「さくら募金」に充てようと考え、たくさんの方にご協力を頂く予定です。

               皆様も、吉野山へお花見にお越しの際は、少しでも桜によい環境をという

               思いやりを持って、桜を楽しんでください。